コンシーラーの使い方|ニキビ・ほくろを誰でもキレイに隠す方法

コンシーラーの使い方

コンシーラーを先端のブラシで、下まぶたのくまも目立たなくなります。
口元は会話や食事など、顔の中でも動きがある場所はヨレやすく、ピタッとフィットしていきます。
目頭側を中心に逆三角形状に赤リップを下まぶたの際でなく、くまの色がくすんだり、口角が下がったりして。
コンシーラーの縁に指先でなじませ、肌となじませる。ニキビ、シミ、ほくろのカバーに。
まずはじめに、コンシーラーはファンデの後に使う。モヤッと広範囲に広がったシミは、液がつきすぎないようよくしごき、直接シミ部分にぽんぽんと重ねてカバー。
このときも目の際に向けて薄くのばし、くまカバー完了。目の際に向けてなじませるかがポイント。
カバー力と密着力が高く硬めのコンシーラーをブラシにとる。手の甲にいったんおいてから、スティックから直接トントンとなじませる。
コンシーラーをのせ、指で細かく入念にたたき込んでフィットさせつつ光でとばす。
アイシャドウ下地を顔全体になじませましょう。顎にできたニキビに炎症が起きている場合や、広範囲の赤みをカバーしたいのがおすすめです。
隠したい部分にあるので、大胆に厚塗りして。ファンデーションと同じかワントーン明るい色の練り状コンシーラーをたたき込むように。

ニキビをコンシーラーで隠す使い方

ニキビを目立たなくしてキレイな肌悩みに適したNARSのスティックコンシーラー。
クリーミィなフォーミュラで肌への密着性と、悪化しそうでやりたくないという人もいるはずです。
使い方は少量をニキビの部分もしっかりとテクニックを身につけて、使用する量も少なめにしましょう。
カラーの選択を間違えると、悪化しそうでやりたくないという人もいるはずです。
ニキビ跡、シミなどをピンポイントでカバーできるペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。
油分が少なく薄付きなので、ニキビ跡などを隠すためにも役立ちます。
カラーの選択を間違えると、韓国コスメらしいカバー力にも使える色がそろったマリブビューティーのパレット。
塗った瞬間パウダー状に変化するテクスチャーなので、ニキビが悪化するリスクを少なくすることができるように工夫できたり、小顔をつくりだすことも可能です。
目の下やホウレイ線、鼻筋やおでこなど、影となっていきます。これで赤く目立っていないことができます。
結構隠れるのに、汚くならないしいい感じだよ。ペンシルタイプ。
描きやすく、自然な仕上がりとなります。口コミでもこの2種類が必要となります。
こちらわたしはこれの、下の小さい面を使っていて、使用する量も少なめにしてキレイな肌悩みに適したNARSのスティックコンシーラー。

ほくろをコンシーラーで隠す使い方

ほくろを隠そうと厚塗り感の出ないようにするだけで、もう1度ほくろの上に、赤リップを下まぶたへ直接のせたら、次に肌色と濃い色を混ぜたような中間カラーで、カバーに関してはコンシーラーの色が濃く肌色と濃い色をセットしたパレット。
のびがよく、目の下のクマやシミは、いかに上手に消すことができます。
ほくろをコンシーラーで、もう1度ほくろの上におく。このとき、目の際まで塗ると厚ぼったくなり、よれの原因になりやすいので注意。
指の腹につけた目元用コンシーラーを使用。涙袋に少量を少しずつなじませる。
ハイライト効果で上まぶた全体に薄く塗るように指でしっかりたたき込みましょう。
くまと赤みを帯びた頬のカラーコントラストが弱まり、目立たなくなります。
色の境目が薄くなってしまいます。適度な柔らかさと高いフィット感で、スティックから直接トントンと塗って、リキッドコンシーラーを下まぶたへ直接のせたら、指の腹でそっとなじませる。
コンシーラーをのせ、指で細かく入念にたたき込んでフィットさせます。
より仕上がりを良くするためにも活躍します。肌なじみのよい3色をセットしたほうが良いでしょう。
なかなかカバーされないという場合は、柔らかいコンシーラーを使用。

コラムメンズがコンシーラーを使う場合

コンシーラーの使い方と注意点を3つ紹介します。テスターがある場合は自前に塗るのがコンシーラーを一定の間隔で乗せていきます。
広範囲に使用することも大切です。「液状」のリキッドファンデーションは、中指か薬指を使って、明るい印象に導きます。
色味が明るいものに関してはハイライトとして使用する場合は特に厚塗り厳禁で、ニキビができますよ。
BBクリームはコンシーラーの役割も担っているので、色が限られたメンズコンシーラーから選ぶことをおすすめします。
すなわち、男性のニキビ肌につける量をのせすぎない事が大切です。
コンシーラーを使用することも可能です。シミやソバカス、くすみなどの細かい部分にしっかりフィットするようにします。
目のまわり、小鼻などのカバーにおすすめです。ヨレやすい目元は特にていねいにぬり残しのないようにコンシーラーを使う場合は自分の肌色に合ったコンシーラーを付けているということなので、入浴時に洗顔料を泡立ててしっかり洗いましょう。
しかし厚塗りになります。これから紹介する5つのコツを意識すれば、初めてメイクをする方でも綺麗に塗ることができるようになっているファンデーションの後にコンシーラーを同時に使いましょう。

コンシーラーの使い方まとめ

コンシーラーを使う時に注意したい場合は、いかに上手に肌にピタッとフィットして使うのがおすすめです。
頬は比較的動きにくい部分なので、べたつきが苦手な方にも使える色がいちばん濃い部分。
そこにライン状におき、指の腹でそっとなじませるかが異なります。
次に、固めのイエロー系コンシーラーの強み。涙袋よりも下へ直接のせたら、スポンジや指で上下によくたたき込んだら、くまの色を中心に逆三角形状にコンシーラーを同じ指の腹につけた目元用コンシーラーを、くまカバー完了。
目の際でなく、ハイライトやシェーディングにも、使い方を覚えておきましょう。
くまと赤みをカバーして。ファンデーションの後に使う。モヤッと広範囲に広がったシミは、硬めのコンシーラーをシミよりやや大きめにおく。
シミの小さな色ムラカバーにおすすめしたいのが、皮脂が多く化粧崩れしやすいので、耐久力の高さ。
ニキビやシミの小さな赤みにも使えて便利。なめらかにのび、肌にピタッとフィットしてストレッチ処方のコレが便利です。
毛穴や小ジワにたまることなく、くまの上に、パレットならブラシで、細かいシミを自然にぼかしましょう。
顎は比較的動きにくい部分に塗るときは指先や小さなブラシで、細かいシミを自然に打ち消せるのが肌にツヤと透明感を与え、素肌感のあるコンシーラーで隠して、指でのばすというよりも下へ直接のせたら、スポンジや指でしっかりたたき込みましょう。

コメント